始めてハプニングバーに行った時のお話し

 

ある日、友人(男)と下ネタを話していた最中に「ハプニングバーって行ったことある?」と尋ねらえた。

 

ハプニング…?

 

 

バーってちょっと暗めのお洒落なカウンターで優雅に気取ってお酒を頂くところなのでは?

 

そこでなんのハプニングがあるのかが全く想像つかない。ダンディーなおっさんからプレゼントされたお酒がカウンターの端からすすすーーーーっと流れてくること以外は想像が出来なかった。なぜ、この「俺の彼女の感じてる時の顔が寝起きの姿より不細工すぎてきっつい」の流れでハプニングバーが来たのかが全く理解できなかった。ちんぷんかんぷんである。

 

「で、何?」と軽く尋ねたら、変態たちの集いの場でタイミングが良ければいきなりおっぱじめてしまうというではないか。

 

「行きます」と、0.3秒で返事。

 

 

暇があれば普段AVを見ている、半ば処女の自分。

目の前で他人のセックスが見れる日が来るなんんて!!!と興味津々。

 

脳内では綺麗なお姉さんとイケメンで再生していたけれど、実際はそう上手くいかない…との友人の呟きをキャッチして、すぐさま脳内映像が地獄絵図に切り替わりました。

 

 

店には下半身丸出しの男がいて構えているのか

 

サイズはよりどりみどりですよって男が待っているのか

 

お姉さんたちがいつでもokな感じで店内立ちんぼなのか…

 

入店歓迎サービスで縛られたらどうしよう

 

バーテンダーがお酒作ってる最中に脱ぎだして見せつけてくるのでは

 

 

一瞬でいろんな妄想がよぎったけど、どれも「無い」と友人から回答を頂きました。

豊かな想像力に万歳。

 

 

 

 

訪れたのは新宿区の某所。

 

プロハプバーである友人の勧めで半処女の私でも行きやすい場所をチョイスしていただいた。

 

 

ハプニングというだけあって違法な香りがぷんぷんするかと思いきや、外観はそこらにある雑居ビルでこじんまりしたスナックみたいな感じでした。へぇー普通じゃん…と思ってさっそく解かれた緊張。ちょろい。

 

マスターも入れ墨ボディのごりごりマッチョで、痛客をすぐに排除できる奴かと思ったら180度違った。まじ頼りなさそう、こんな弱そうで大丈夫なんか…。

 

 

 

お店についたのは金曜の昼過ぎ。客は私たち二人とマスターだけ。

 

いきなり他人が来て始まってしまうのも、たいして見慣れていない男のブツを披露されても困るので他に客がいなくて助かりました。

 

ギロッポンや渋谷と一緒でやはり盛り上がるのは金曜の夜だそう。この時間にくればほぼ確実にいろんなものが見れるとのこと。うん、とりあえず今日はいいや…初回なんで。

 

そんなこんなでマスターと三人でお話を楽しむこと数時間。その中で世の中の変態たちがどれだけ強者かがわかりました。

 

 

 

 

 

⒈ 主婦の性欲ぱねぇ

 

 

平日の昼間もオープンしているとのことで、どこにそんな需要があるのか尋ねたところ客層は「主婦」

 

おおぉぉぉぉ昼下がりの妻たちだ!昼顔!!吉瀬美智子みたいな美人が真昼間からこんなとこに来て致していたらマスターずっと立ちっぱなしですね。あそこ結構痛いよね。

 

 

 

「んん、でも待ってここって普通ラブホテルじゃないからパートナーとくるのってそうそうないよね?旦那さんは仕事っすよね。浮気相手とお互いの性癖が一致しちゃってここに来て発散してるってことですか?バイブいっぱいあるから他のホテルよりいいとか?」

 

マスター

「性欲高めの主婦と、サボリーマンがここで出会って合体してます」

 

 

 

この時まで私は、せめてカップルで来て人に見せびらかすものだと思っていて、初対面の人間と始めちゃうなんて事は考えもしなかった。そういうフリーセックス的なの、本当にあったんだ…

 

いやぁ渋谷とかのクラブでは毎週末あるんだろうけど、あれはお酒と騒音が手を差し伸べているからであってな…それがないのに  In to してしまうなんて。

 

 

 

 

 

2 その性癖は他じゃ受け入れられない感

 

明らかに昼、他の場で言ったら地雷扱いされるであろう、とんでもな性癖を持ったキングたちがいました。スカ○ロとか知ってたけど本の中とか戦場での出来事だと思ってたよ。そんな普段の食事と同じ感覚で食べる人がいるなんて。それ、胃とか腸とか通って大分消化されたやつだし食事には向いてない、御粥食べた方がいいんじゃない?

 

なんつーか、好きな人の何かが欲しいと思った時に金を使わせてバッグやらアクセやらを買わせて「彼、彼女の形見♡」とするよりは、体内から出たもので満足するなら最強にコスパいいのかなって一瞬考えてしまった。絶対付き合いたくないケド。

 

 

うん、こういう他人に理解されない告白はここだから出来るのね。なんだ気持ちよくなってきたよ!

 

 

 

 

 

3 見せたいなら視漢してあげる♡

 

数時間後入って来た一組のカップル。年齢差からして訳ありな感じはするけどあんまり関わっちゃいけないのでスルーしていたらなにやらゲームを初めて、負けた方が脱ぐという野球拳始めちゃいました、ここ旅館ちゃうのに。

 

したら悉く女性側が負けてるんですよ。あなた嫌々言ってますけど、それ脱がせて欲しい潜在意識働いてません?なんか喜んでんじゃん、ブラだけになった後なんかゲーム終わるのめっちゃ早かったよーーーー瞬殺!

 

 

その後この二人はフロアーで始めちゃったので、連れの友人とずっと見てました。

AVは見るけど、他人のセックスを肉眼で生で見てしまう日が来るなんて。

 

 

興奮はせずにただ淡々と眺めてました。なんだろうこの感情。動物園で蛇(苦手)を見てる時の気持ちと似てる。見れる部分はあるけど、さすがに男性の大事な部分は直視できないや…

 

 

 

 

 

そんなこんなで、これが私の初めてハプバーに行った日の収穫。

 

意外にもお酒は美味しいし、いろんな変態に出会るので会話が楽しい。

あんなことやこんなことをするのが目的じゃなくても、十分楽しめます。

 

ってことで、こっから旅先でも一人でも行くようになってしまいました。暇つぶしにまじおすすめです。

 

 

ちゃんちゃん。